賃貸建物の経営


具体的なアパート経営をするメリット

アパート経営での最大のメリットは、アパート(建物)とアパートの建っている土地が手元に残ることでしょう。土地は現金に比べてインフレの影響を受けづらく、アパートなどの賃料収入は一般的に安定しているので資産運用にも非常に便利です。 アパートローンを払い終えたあとには土地に費用をかけず、そのままアパート経営で利益を得ることも出来ますし、そこに自宅を建てることもでき老後の安心にもなります。 また、自分にもしものことがあった場合に、アパートローンの残りの借金が無くなる保険というのもあるので残された遺族に借金のない資産を残すことも出来ます。


少ない資金で始めることが可能!

アパート経営はには多額の自己資金が必要と思われがちですが、小額の自己資金で始めることができます。 土地が無くても、手持ち資金が少なくても、ある程度の年収がある方ならアパートローンが組めます。 ローンの返済は、大半を家賃収入で返済することができるので、他人の資本で自己資産を形成することにもなります。


節税効果が期待できます

非住宅用地(遊休地・駐車場)と比べ、アパート経営の固定資産税は約6分の1となり、相続税は、金融資産と比べると約40%の減額となります。 さらに、確定申告をすることにより、所得税や住民税にも節税効果があります。 節税効果はオーナーによって異なるため、事前に企業や税理士などに確認する必要がありますので注意してください。


長期にわたり安定収入を見込める

土地がある場合は、土地の有効活用とし、建築物以外の投資が 必要なく、少ない投資額で多額の収益が期待することができます。 経営した、アパートの入居率が安定すれば、長期にわたり安定収入が見込めます。


老後の年金対策としても活用できます

平均寿命は年々長くなっているのに、年金支給額の切り下げなど老後の不安はつきません。 アパート経営は、入居希望者の数の増減が比較的少ないことで安定した収入をもたらしてくれます。 入居率が安定させ、長期にわたり安定収入が見込み、ゆとりのある老後の備えの一つにしましょう。


万が一の場合は家族の財産

ローンに銀行の指定する 「団体信用生命保険」が組み込まれています。 万一のことがあった場合、賃貸住宅は、残された家族の財産として、月々の家賃が実収入として入ります。
ご家族に長期にわたる安定した収入源を残すことも可能です。


自己資金使用せずに建築可能

アパート併用住宅を作る事により、入居者がローンの返済分を負担して、お支払い分として家賃を支払い、自分達の支払い分が無くなるケースが生じます。あるいは利廻りが良ければ、家賃収入が余り、貯蓄する事が出来ます。少なくとも、返済分の負担は入居者が補ってくれます。



アパート・マンションで相続税対策を


課税されてからでは遅すぎる! ~節税の仕組み~


世代交代の時にかかる相続税。しかし「賃貸経営で相続対策ができる」とご存じの方も多いかと思います。それはどのような仕組みでしょうか。課税されてからでは遅すぎるのです。更地での課税額とマンション建設後の課税額を比較してみましょう。


Kさんの場合
静岡市に土地と畑を所有
課税対象額:3億円(法定相続人)


~更地での場合~

基礎控除:-6,000万円
基礎控除後の対象額:2億4,000万円
1人あたりの対象額:8,000万円
1人あたりの相続税:1,700万円
(※約8,000万円×30%-700万円)
相続税総額:5,100万円

 

~マンション建設後の場合~

課税対象額:3億円(法定相続人3人)

課税対象額:3億5,000万円
建設資金借入:1億3,000万円
対象額:2億2,000万円
基礎控除:-6,000万円
基礎控除後の対象額:1億6,000万円
1人あたりの対象額:5,333万円
1人あたりの相続税:900万円 (※5,333万円×30%-700万円)
相続税総額:2,700万円


なんと2,400万円の差!

マンション建設の借入がありますが、いずれ賃貸経営で収益を上げると考えたら、大きな出費でしょうか。 「課税されてからでは遅すぎる」とは、こういう仕組みなのです。



賃貸物件・不動産をお持ちの方へ


昨年の秋に町田街道の小川の信号の東側ビルのすずかけ台ビルの1階に引っ越して来ました、不動産会社の株式会社 ジャパンホームズと建築業の株式会社エッチ・エル・ピーと申します。昨年の秋に原町田1丁目より引っ越して来ました。お仕事は賃貸管理や土地建物の媒介をさせて頂いてます。


同じ場所で建築業と不動産業を共に業務を行ってます。


不動産をお持ちのオーナー様には、ご安心してお任せ頂き、大切な財産を長持ちさせ末永く、お守りさせて頂きますので、宜しくお願い致します。建築は、新築住宅・アパート建築からリフォーム工事まで何なりとお任せ下さい。不動産は、不動産管理・土地建物媒介・遊休地の有効利用・買替え、融資相談 等もお任せ下さい。


他社との違いは、賃貸管理している建物は 点検・修繕・検査・見廻りはすべて当社で行います。見回り中に、気が付いた簡易な工事は、無料にて施工して差し上げてます。


又、賃貸管理している入居者の家賃も当社は保険を掛け、2年間の家賃保証もしてます。入居の審査も、本人面談と保証人の調査も大家さんに迷惑がかけないようにしっかりと調べます。


常に大家さんの身になって、利益が上がるように考えて行動致します。


空室情報も業界機関誌やインターネット・看板・等に満遍なく記載し、PR活動致します。特にインターネットには物件事に詳細・内外部の写真を載せ、内容が閲覧出来るように致します。


宜しければ、建物管理させて頂ければ、家賃回収し、まとめてオーナー様にお届けし、又、募集費も当社で負担し、更新時は家賃の半分はオーナー様にお戻し致します。


ともかく、不動産管理と建物の補修・点検・見廻りが一緒に出来る会社は少ないはずです。一般の不動産屋は補修箇所があっても下請けに見させ、ピンハネして見積とするのが実情です。


又、遊休地があれば、無料で設置出来る駐車場経営もお勧めしてます。コインパーキングと言い、建物を建てる間の期間の利用でも可能です。管理・集金・補修・トラブルもこちらで致しますので、オーナー様は土地提供するだけです。


それと、建築協定があり、土地が大きくて買う方がいない。文筆して建てる事も出来ない。売るとなれば、安くして売るしかない。と考えてる方はいませんか ?250m2以上の土地がある方は、利用方法をお知らせ致しますのでご連絡下さい。


株式会社 ジャパンホームズ

〒194-0003 東京都町田市小川1608-5 すずかけ台ビル
Tel 042-706-8615   Fax 042-706-8612
ホームページ http://462103.com メール o_osamu@hlp.co.jp

Japan Homesおすすめの商品

ジャパンホームズ