ロフト


敷地にスペースが無く、子供さんの成長に個室が欲しいとせがまれたら、小屋裏スペースと2階のロフト部の下の天井高を少し下げて、ロフトを作って上げてください。室内が広く使えますので、4.5帖でも6帖以上にスペースを利用出来ます。
小屋裏は夏の遮熱の暑さを抑える事が肝心です。どこの業者でも造る事はできますが、遮熱対策はどこでも出来る事ではありません。
通常ただ断熱材を入れただけなら、夏は室内が60度以上にもなります。作ってみたが、利用出来ない建物が数多くみられます。
熱の伝わり方は、熱伝導・対流熱・輻射放射熱と3つに分類されます。
この3つの施工を方法を繰り返し上手く使う事により、熱が上下差に変化が出て、温度が移動して快適な環境になります。
又、小屋裏は空気の流出が悪いので、強制換気も取り付ける事をお勧め致します。
当社はロフト利用の施工に研究して、夏場対策を考えて施工して定評があります。一度ロフトをお考えの場合はご一報ください。
お客様の作られる場所に応じて、施工方法をご提案致します。


MTZW様邸



HBY様邸



SKMT様邸



小屋裏利用


ロフト・大型収納ほか
Japan Homesおすすめの商品

ジャパンホームズ