築30年以上の建物の耐震補強工事と現代風の建物に替えた安心建物


築年数が長くなると、建物の耐震性が落ちて来てしまいますね。
そこで、住みながら安心な耐震工事が出来る当社独自の耐震補強工事をお知らせ致します。


地盤が悪いか否かは、地盤調査をし、悪ければ建物下の地盤にセメントミルクを注入し、地盤を岩盤の様に固めて建物が沈下しないように致します。

既存建物の耐震補強方法は内部側からと外部側からの2通りがあります。

甲・内部側からの施工は、耐力壁になるすべての内壁を剥がして、筋交いか耐力面材を貼る事になります。これは引っ越す事が必要になります。
設備機器(キッチン・浴室・トイレ・洗面)や収納庫等も撤去してやり直しになります。
したがって、一度引っ越しして施工が終わったら、叉帰ってくる様な暮らしが必要になります。


乙・外部側からの施工は、築30年経過の建物を例に取ると、足場を掛けて軒天を剥がし、外壁と引き違い雨戸とサッシを取り去り、接合金物を取り付け、壁内に自然素材のウッドファイバー断熱材を入れ、新たに断熱ペアガラス入りサッシを取り付け、外壁下地に構造合版を貼り、耐力壁にしてから、無筋基礎と建物とを接合するのに炭素繊維と樹脂モルタルで塗り込み仕上げして、有筋基礎との同じ様に引っ張り力を強化します。
後は新築時と同じように、仕上げはサイディング・塗り壁・タイル等を施します。今風の建物にコーディネートしてお造り致します。
外部側では耐力壁が足りない場合は、内壁の一部を撤去して、壁大将を施工し、壁紙を貼り直します。
この方法ですと、塗り替え工事時期も来てると思いますが、塗り替えだけを施工せずに、新たに今の建築基準法内の基準に合わす事が出来ますので、どの方法よりも安心な施工方法です。


利点は、

  • 引っ越ししなくて施工出来る。
  • 断熱材が自然素材なので、体に良く、抗菌・除菌・消臭作用し、湿気を調湿し、室内環境をコントロールします。
  • サッシも断熱サッシになり、雨戸も取り付けるとなると、シャッター式に取り変わりますので、断熱・防犯性も良くなり、快適な暮らしが望めます。
  • 外壁の仕上げもお好みで、どのような仕上げも可能です。
  • 断熱工事・耐震工事・外観美的・快適の暮らしの点が解決出来るよりよい方法です。

30坪総二階建てで、予算は600万円程はかかります。

屋根は屋根材を剥がし、新たに下地を点検し、下地材を上貼りして、ルーフィングを下葺きし、断熱材が瓦の下に付いてるガリバリュームカラー鋼板の平葺き屋根を施工するのが、宜しいでしょう。室内の空気の換気を良くする為に、棟には棟換気材を取り付けます。これも30坪総二階建ての建物なら、100万円程かかります。


その他、白蟻駆除工事は1階の坪当り1万見てください。5年間の保障が付きます。
その他に、設備機器の入れ替えや間取の変更、使ってみたい建材利用等を取り入れ、快適な暮らしが出来る安心建物に変えてみませんか?
今の家は何より、概観の見栄えや使い易い設備機器、耐震基準の見直しが良くなってます。愛着があり、建て替えが出来ない建物は新築二世としてミチガエル用に致しませんか?

Japan Homesおすすめの商品

ジャパンホームズ